« 2011年4月 | トップページ

2011年5月11日 (水)

南三陸町の叔母

連休に母と兄貴が南三陸町に住んでいる叔母に会いに行った。私はまだ新しい仕事に慣れていなくて疲れていたので、長旅には同行せず。

南三陸町ー合併前の名前は志津川。おばちゃんは山側に住んでいるので、長い間連絡が取れなかったけど、大丈夫、だいじょうぶと家族で言い合ってた。でも実際は、当日はお年寄りの慰労会で津波のまっただ中にいたそうだ。おばちゃんが逃げた5階建てのビルの屋上がたまたま流されなかっただけ。おばちゃんと一緒だった500人のおじいちゃんおばあちゃんは奇跡的に無事。おばちゃん75才のはずなんだけど、もっと年配のお年寄りたちを支えて、2日後に歩いて帰ってきたそうだ。

おばちゃーん、直接はたいした事できないけど、今度は介護の仕事するから、私も地元のおじいちゃんおばあちゃんのお世話するから、今回行かなかったの許してね。今度行く時まで元気にしてて。

おばちゃンちは、もともと上下水道通してなくて、トイレは便壷で、毎年炭焼きをしているから、ガス水道電気なくともちっとも困ってない。水道に変えてしまったご近所さんにわき水の提供をしているそう。
兄貴は「あ〜、あのトイレには参ったまいった!」って帰ってから言ってたけど、便器に染め付けの陶器を使っていて、お庭も緑がいっぱいで私には美しい思い出なんだけどな。便壷にはいっぱいうじクンや微生物たちが住んでるからちっとも臭くないし。
庭の野菜も畑も「まわりを見て何を植えようか決めてるだけで、なんも考えとらんちゃ」なーんて笑ってたかわいいおばちゃん。無事でよかった。

私も社会で少しでも具体的に役に立てるようになるために!
生活の知識とスキルを上げていくぞ〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ