« 出産の後遺症 | トップページ | 笑笑 »

2007年6月20日 (水)

フリーターズフリー創刊

Ffhyosi
「フリーターズフリー vol.1/働けと言わないワーキングマガジン」

即買。

プレカリアート・フェミニズム・大卒フリーター・不安定収入・ニート・ホームレス・労働とジェンダー・家族・会社・引きこもり・鬱・格差・自由・生活保護・結婚・福祉・・・etc. なんて言葉にギクリとしてしまう人必読。 
http://www.freetersfree.org/

日頃の不安が目白押しで心臓に悪い。
なのになんだか元気にもなる不思議な雑誌。
そのへんに転がしておきたくなるデザインと紙質がいい。

この雑誌を発刊した人たちがとっている『有限責任事業組合フリーターズフリー』という形態も面白い。就職はいろんな意味で無理そうだし、それなら仲間数人で事業を運営してみたいと考えている人は参考にできる。

|

« 出産の後遺症 | トップページ | 笑笑 »

コメント

すごく御礼が遅くなりましたが、ブログに取り上げてくれてありがとね。。
フリーターズフリーが出てから、フリーターであることにまつわるエトセトラを女性と話すことが、とても重要だとあらためて感じています。
大げさではなく末永くよろしくお願いします。。

投稿: くり | 2007年7月16日 (月) 02時04分

きっと近いうちに『子持ち既婚女性+パート労働』形態を始めるはずな私。
自ら選んでいるように選ばされる現実に抗いきれない自分が恐い。

FF中の某氏の表現で繰り返し登場する「『専業主婦+パート労働』が社会を支え」という表現が気になった。
『専業』主婦ってパート労働するの?
主婦ってそもそも何?
「…家の中で家庭生活のきりもりと管理の責任をもつ…(三省堂)」のが主フなんだったら、ひとりでも『主フ+正規社員』『主フ+フリーター』もありだよなぁと思ったり。

フリーターについて語る場でこそジェンダーバランスを考えないと危ないなとトークセッションを聞きながら悶々としてました。
こちらこそ末永くよろしくお願いします☆

投稿: mibu- | 2007年7月17日 (火) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出産の後遺症 | トップページ | 笑笑 »